ベビーシッターが保証してくれること

ベビーシッターが保証してくれること ベビーシッターとは母親に変わって子供の世話をしてくれる人を言いますが、その業務内容は様々です。新生児の世話からミルク、オムツの世話、散歩や食事、入浴の世話、学校や習い事の送迎、付き添い等幅広い業務があります。ベビーシッターには民間の団体が実施してる認定資格はありますが公的なものはなく、資格はなくても業務に従事することはできます。
それゆえ、業務内容も統一されたものではなく、シッターが所属している組織の決まりがあったり、個人で行っている場合対応の範囲も異なります。依頼する場合はその業務内容や病気の時の対応、事故があった時の保証などについて相談する必要があります。事故等がおきた時の保証も様々で、不測の事態に対しての対応を十分に話し合い、どんな保険に入っているかとか、ベビーシッター業務に従事するに当たってどのような経歴や経験のある人であるとか、どのような組織でどのような研修をうけているかとか、依頼する場合はその点を十分に聞き、納得した上での利用が不可欠になるでしょう。

ベビーシッターの業務オプション

ベビーシッターの業務オプション ベビーシッターの業務に関するオプションは会社によって大きく異なります。基本的には保育などの通常業務に家事代行をつけることができる会社や、家庭教師として勉強を教えたり産後まもない母子に対する業務を行うオプションもあります。シッターを提供している会社と契約をする前に、サービス提供の内容を比較してから選ぶようにしましょう。また、ベビーシッターそれぞれの得意としている部分を必ず確認することが大切です。通常業務内容以外で要望をする際は、別料金が必要になります。
満足のいく仕事をしてくれるシッターを選びある程度の信頼関係ができれば、頼みにくいと感じていた内容でも要望を出しやすくなります。業務オプションを保育以外に要望したいと考えている方は、事前にシッター提供をしている会社へ確認し、どのようなベビーシッターが在籍しているかを確認してから登録をするといいでしょう。ほとんどの場合に利用する前の事前契約が必要なため、あらかじめ確認しておくことで余分な時間や手間をなくすことができます。